文字起こしは自分でやると大変|プロに依頼しよう

複数の人
  1. ホーム
  2. 音声を文書化する際の種類

音声を文書化する際の種類

スーツの人

用途に合った起こし方を

会議などを録音したものを文書に書き起こしておくと、資料としても活用しやすくなり価値も高まります。音声を文書に書き起こすことを文字起こしと呼びますが、貴重な音声はそうしたサービスを活用して文書として残しておくとよいでしょう。複数の業者が提供している文字起こしのサービスは、こちらから依頼する種類によってその料金が変わってきます。どのような文書を残したいのか検討した上で、それに応じてくれる業者に依頼します。音声の中に混ざる、本編とは関係ない発言まで文字起こしすることを、ケバ付き素起こしと言います。ケバとは会話中によく見られる、えー、うーん、などの意味のない言葉のことです。通常の文字起こしではこれらのケバは省いていますが、それについて価値を認めるような音声であれば全て書き起こすよう発注することができます。その逆に、ケバを全て取り除くことをケバ取り素起こしと言います。ケバを取った文字起こしは、元の音声を完全に再現したものとは言えませんが、読みやすくなるのが特徴です。文書としての利用価値を上げてくれるのが、ですます調での文字起こしです。これは発言の語尾をですますに変換するもので、ニュートラルで読みやすい書き起こしが出来上がります。である、のように少し硬めの文体に書き起こすことも可能です。本来のニュアンスを再現するために、逐語起こしという種類も用意されています。会話に含まれる沈黙や話すスピードなどを文字起こしにしたもので、話し手の存在感を重視したい時に向いています。