文字起こしは自分でやると大変|プロに依頼しよう

レディ
スーツの人

音声を文書化する際の種類

インタビューや講演会などの音声データを文書化するときに使われるのが、文字起こしと呼ばれるサービスです。話し手の癖などをそのまま文書化する方法や、読みやすいように文末をですます調に変換するなど様々な種類があります。

レディ

業者が行う議事録作成

企業の会議の議事録作成は、業者への依頼がおすすめです。録音テープの文字起こしを、専門スタッフが正確に素早く行ってくれます。また、文字起こしの仕上げ方法や、納品の時期についても指定することが可能です。自社での議事録の利用目的や、予算、都合に沿ったプランで依頼することで、効果的に活用できるでしょう。

スーツの人

注目のサービス

近年では音声データの文字起こしを行うサービスが注目を集めており、このサービスを利用することでさまざまな音声を文字起こしされた資料にすることができます。また動画の字幕おこしや外国語の文字起こしなどを行っているところもあります。

録音音声を文章化

オペレーター

会社が導入するメリット

文字起こしはテープ起こしとも呼ばれるもので、録音された音声をワープロソフトなどを使って文章化するというものです。文字起こしは非常に時間がかかる仕事ですが、その反面でその場で文章化する仕事をする速記を雇うことを思えば費用を大幅に抑えることができます。文字起こしを会社が導入するメリットとしては、文章として会話した内容が残せるということです。ビデオや音声は聞く分には理解しやすいのですが、データの保存性や検索性を考えると文字起こしで文章化した方が使い勝手が良いといえます。例えば膨大な過去の発言記録から、特定のフレーズの発言をいつしたかを調べるには文章化したデータであれば膨大なデータであっても数分程度で知ることができます。また音声や映像では保存するために相応の容量が必要になりますが文字であれば、気にするほどの容量は必要ありません。一方で文字起こしをしてもらうには依頼する側も配慮する必要があります。特に音声の聞き取りやすさは文字起こしの質に直結しますから、録音データは高品質である方が正確な文字起こしが可能になります。これらを自社の社員で行うのは効率が悪いため、会社に外注するのが無難です。文字起こしを行う会社の種類としては、単なる文字起こしから専門用語に対応したところまで特色があります。料金が高いからといって精度が高いとは言えず、実際に発注してみて満足な結果が行く会社を探し出すことが効率よく文字起こしを行う上でのポイントといえます。